So-net無料ブログ作成

外反母趾の原因 [外反母趾 治療法]

外反母趾とは、足の親指が、指の付け根の関節で小指の方向に曲がっていく

症状の病気であるということは以前の記事で説明したとおりですが。

一口に、外反母趾と言っても、形や特徴が様々あり、その種類によって原因も異なります。

5種類のパターンに分類されます。

今回は、外反母趾の種類と、その種類によって異なる原因についてお話したいと思います。


まずは、【靭帯性外反母趾】です。

これは指の付け根部分にある中足靭帯が緩んだり伸びたりしてしまい、

親指が小指側に曲がってしまうという症状です。この場合の原因は、

足裏への刺激不足によって、足裏全体の筋肉が衰えてしまう事が原因と考えられ

、良く言われている、ヒールやパンプスによる影響は二次的要因と考えられています。


次に、【仮骨性外反母趾】

親指の付け根の骨だけが異常に発育して出っ張り、曲がったように見える状態です。

普段、ヒールやパンプスなどで、足の親指を上げるような形で、付け根の部分だけを

強く打ち付けるような歩き方をしているのが原因とされているようです。

この場合、付け根部分の皮膚が厚くなっていたりといった特徴がみられます。


次に、【ハンマートゥ性外反母趾】

指がハンマーのように縮こまっている状態や、逆に反り返ったり極端に浮いていたり、

上を向いている状態を指します。

この場合の原因は、生まれつき外反母趾になりやすい足の形など先天的要素や、

サイズの合わない靴を履く事や脱げないような歩き方を行ってしまう事だといわれています。


最後に、【病変性外反母趾】

リウマチやへバーデン結節などの病的な原因や事故、ケガなどによって、

大きく変形してしまう現象です。


また、上記の靭帯性外反母趾と仮骨性外反母趾が混合した症状を

【混合性外反母趾】といいます。こ

の原因としては、靭帯性外反母趾か仮骨性外反母趾のどちらかが先に発症していて、

長年の歩き方の癖などにより、加齢と共に悪化し、併発してしまうようです。


いずれの症状も、早めに対処しないと、激しい痛みや、

さまざまな障害を引き起こす可能性がありますので、病院などで原因の解明をして、

対処療法や、原因の改善などを行うことが重要になります。


☆自宅で簡単に外反母趾の痛みを改善する秘密の方法!

『古屋式・外反母趾改善DVD』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0