So-net無料ブログ作成

外反母趾 治療 保存療法 [外反母趾 治療法]

外反母趾とは、簡単に言うと、靴などの履物によって締め付けられることで、

親指が小指側に曲り変形した状態のことで、筋力が比較的弱く、

かかとの高い靴を長時間履いたりと言った原因で女性の方に多くみられる症状のことです。

外反母趾になると、症状の進行によって痛みを覚え、

歩行や起立のたびにはげしく痛みを感じるようになる場合があり

手術をしなければならない状態になることもあるそうです。

ではもし、外反母趾になってしまったら、どうすればいいのでしょうか?


外反母趾の効果的な治療法として、まずは、薬・運動・靴など、

保存療法といわれるもの、によるものが挙げられます。

薬による治療は、基本的には外用薬(湿布)を用いる事が多いようです。

その際に用いる湿布は冷たくても温かくても、どちらでもかまわないようですので、

自分に合ったタイプを使用して構わないそうです。

また、外反母趾の痛みを抑える為の目的で、塗り薬を用いる場合もありますが、

この場合は、皮膚への刺激が少ない軟膏や、浸透性が良くべとつきにくい

クリームタイプを使用する事が多いでしょう。

それでも、炎症や痛みが強い場合には、飲み薬の服用や注射をする事も、あるそうです。


次に、運動による治療ですが、ゴムバンドを使用して

親指を元の位置に近づけるホーマン体操や、タオルを足の指でたぐり寄せる運動、

ビー玉等をはさんで持ち上げる運動といったものをする事で、

外反母趾の原因の一つである弱った筋肉を鍛え、改善につながるとされています。


最後に、靴による治療ですが、まずは、靴の専門店などで、

普通に自分に合った靴を探します。

そして、親指の出ている部分に合わせて靴の革を伸ばしてもらうのです。

または、シューストレッチャーを使って靴の幅を広げるという方法もあります。

これで、大きすぎず小さすぎない自分にぴったりの靴ができあがります。

また、医療機関で治療用の靴や足底板を扱っていたりもしますので、

専門の医師に相談してみるという方法も良いかもしれません。

以上のように、外反母趾の悪化を防ぎ、治療へとつなげる為には、

本当に自分に合った靴を履く事が大切なのです。

しかし、これまで説明したような、保存療法をやっても痛みが続いたり、

普通の靴を履けないくらいに悪化している場合は、

病院で診察を受けて、手術などの治療をすることが

1番確実な方法なのかもしれません。


ただし、手術によって外反母趾が治ったとしても、

手術後にまた以前と同じような生活をしていれば、

外反母趾が再発する可能性も十分に考えられるので、

治ったからといって油断するのではなく、足に負担の掛けない生活や履き物等、

普段からの見直しが必要になるということを覚えておいてください。


☆自宅で簡単に外反母趾の痛みを改善する秘密の方法!

『古屋式・外反母趾改善DVD』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0